RECRUIT 採用情報

サービスメカニック SERVICE MECHANIC

interview
お客様から直接
お礼を言って頂ける仕事
サービスメカニック
K.A.
2018年4月入社
story1
建機の世界に惹かれ、資格を活かせる仕事に
私は専門の高校で自動車整備士の国家資格を取得したので、生かせるような職業に就きたいと思いコマツ栃木に入社を志望しました。三級自動車整備士の資格は学校で受けた授業をベースに取ることができ、乗用車向けと建機向けの資格がありますが、私はどちらも扱うことができます。
また住み慣れた栃木県内で仕事に就きたいと思っていたので、条件にも合い、家族も近くにいますので現在はとても働きやすい職場だなと感じています。
私はずっと警察官になりたくて公務員試験を受けていましたが、縁がなく進路に迷っていました。就職活動をする中で、適性があるのではないか、と担任の先生からの勧めがあり、そこで初めてコマツ栃木を知りました。勧められてからというもの建設機械にすぐに興味を持ち、段々と建機の世界に惹かれるようになりました。
story2
お客様とのコミュニケーションが楽しい
現在の業務内容は機械を保有されているお客様先を訪ねて、点検、整備、修理などを主に行っています。油漏れなどの機械の異常を見に行き、整備や修理をしながらお客様とコミュニケーションをとっています。
現場に向かう車を頂いたのは入社後1年半経ったあたりのタイミングです。それまではOJTという形で先輩と一緒に同行をさせてもらっていましたが、この頃から自分の知識で対処できるレベルのお仕事を振っていただき、少しずつ1人で客先に向かうことが増えました。
話すことは元々好きでしたし何より建設機械が好きなので、好きな機械を触れて、修理を終えると感謝の言葉を直接お客様に頂けますし、とてもやりがいのある仕事だと感じています。
story3
専門知識も一から身につけられる教育制度
教育の面では、プログラムに沿ってしっかりサポートをしていただきました。入社してからの1か月間はまず本社で座学を学び、その後1年間の間に石川県にあるコマツウェイ総合研修センタで行われるメカニック新人教育を、何度か受講に行きました。また、研修施設においても設備が充実していて、実機も新しい型式の機械があったことを印象深く覚えています。講師の方の講義もわかりやすい説明で、一から学べる体制が整っていると思います。
入社直後の新入社員研修を通じて、社会人の基礎スキルや業務上必要な知識を何も分からない状態からひとつひとつ丁寧に教えていただきました。技術的な実務スキルも現場研修を通じて身につけることが出来ました。研修で学んだことは着実に実務に生かしています。
story4
日々出来る仕事が増え、成長を感じています
入社当初は高卒でしたので中型免許が取れず、普通免許で運転可能な車が限られてしまっていました。最近免許を取り、移動式クレーン付きのサービスカーを運転できるようになりました。重量物をあげる作業など、クレーンの便利さや新さにやりがいを感じており、仕事の範囲も広がっています。
サービスカーを実際に運転してみると、運転席からの高さのある視界が普通車とは全く違いますし、細い道でのすれ違いなど、 大きな車体ならではの運転マナー・注意点も多いので、一般道でも現場内でもかなり気を遣います。
一日の業務の流れとしては、8時半から各自自由に工具点検などを行います。その後ラジオ体操をし、事務所にサービス課全員で集まって一日の段取りを組みます。作業に必要なオイルや工具を用意して現場に向かい作業をします。
現場での仕事の幅が日に日に広がっているのを感じているので、たくさんのことを吸収し、毎日の仕事を経験値に変えていければいいと思います。
story5
スキルアップのために目の前の仕事を地道に頑張る
他拠点実習で鹿沼支店に3週間の実務を行なっていた際に、その支店の方がとても丁寧で安全な業務を行なっているのを見て、その方のようになりたいと今後の目標にしています。
また、今後はサービスメカニックとしてスキルアップを目指したいです。毎日怪我のないよう、安全作業を心がけて継続していきたいです。自身のスキルアップのためにはいろいろな経験や知識を身につけなければならないので、先輩から指導を受けながら目の前の仕事をコツコツと頑張っていきたいです。
一緒に働きたいと思う人は、建機に興味があり、元気で明るく勢いのある人が向いているのではないかなと思います。